Facebookページを作る2017/9版

作成されたFacebookページ

作成されたFacebookページ

Facebookページはそれ自体をブログ的に使用しても良いのだが、多くの人は自分の持っているブログの宣伝に使っている例が多い。筆者はどの程度効果があるのかは分からないが、やはり扱う分野によるところが大きいのではないか、と考えている。

作成方法は2016年と2017年とではかなり違い、2017年度の方が比較的楽にできる、と感じられた。設定項目が少なくて済んだからだが、実際の作成方法を記しておく。

なお、作成には当然ですがFacebookアカウントが必要です。

Facebookページ作成画面にアクセスするだけの簡単作成

Facebookページ作成ページ

Facebookページ作成ページ画面

まずfacebookページ作成URLにアクセスする。

6つのジャンルがある。

  • ローカルビジネスまたはスポット
  • 会社または団体
  • ブランドまたは製品
  • アーティスト、バンドまたは著名人
  • エンターテイメント
  • 慈善活動またはコミュニティ

作成するページにもっともあった分野を選択する。ページ作成後に変更することも可。個人ブログの場合は、とりあえず「ブランドまたは製品」を選ぶ。

facebookページジャンル選択

facebookページジャンル選択

ここから「ウェブサイト」を選択する。

ページ名を選択してスタートボタンを押す

ページ名を選択してスタートボタンを押す

希望のページ名を入力してスタートを押す。もし希望のページ名がすでに使われている場合は他の名前を入力する。「スタート」を押す前に、「Facebookページ規約」をよく読み、同意できたならボタンを押す。

作成されたFacebookページ

作成されたFacebookページ

即座にFacebookページが作成される。2016年以前は、作成されるまでにいろいろ入力項目画面があったのだが、それらは作成後必要に応じて行うようになったので、作成が比較的簡単になっている。

あとはブログ的に使用してもよいし、自分の持っているブログなどのPRに使用してもよい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする